分離器の清掃方法

お気軽にお問合せ・ご相談下さい 受付時間 9:00~17:30
03-3703-5581
資料請求 お問い合わせ

分離器の清掃方法

ヘドロのつまり等により、機能を充分に発揮できなくなることがありますので、1ヶ月に1度の定期点検・清掃をおすすめいたします。

注意

自動排水分離器の場合

エルボを外して、金網を清掃します。
(金網が目詰まりしますと、吸引が弱くなります。)
注) 必ずブロワが止まったのを確認
  エルボ、リード線コネクタ、チューブを外します。
クリップを外し、上蓋を外します。
  本体内面を水または当社のサクションクリーナーで清掃します。  
   
       
       
     
清掃後、逆の手順で上蓋、リード線コネクタ、チューブ、金網、エルボを取り付けます。
クリップをしめます。
     
       
  補圧タンクの交換方法はこちらから
     

7L・10L分離器の場合

継手を外して、金網を清掃します。
(金網が目詰りしますと、吸引が弱くなります。)
・必ずブロワが止まったのを確認。)
  継手、コネクタを外します。
クリップまたはパッチン錠を外してから蓋を外します。
  本体内面を水またはサクションクリーナー(別売)で清掃します。
清掃後、蓋、コネクタ、金網、継手を取り付けます。
 
   
       
     
本体から排水弁Aを外します。
排水弁Bと排水弁Aを外して清掃します。
清掃後、排水弁Bと排水弁Aを図のように合わせて取り付けます。
     
       
     
       
ユニット側にてサクションの吸引を確認します。      
  • 外来環のお届けはお済ですか?
  • フリーアーム・アルテオ

ビバラックオーラルケア

中古医療機器の
売買に関して

ページの先頭へ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
03-3703-5581
資料請求 お問い合わせ
番号をお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします
東京本社:〒158-0087 東京都世田谷区玉堤1-25-13